新たな宿泊ビジネス?民泊ってなんだろう?

新たな宿泊ビジネス?民泊ってなんだろう?

民泊、許可、申請、認定、旅館業法、宿泊、空き部屋

最近「民泊」という言葉をよく耳にするようになりました。
民泊という言葉自体は聞いたことがあっても民泊っていったいなんだろう?という方も少なくないのではないでしょうか。
民泊とは広い意味では言葉の通り、民家に泊まることです。

 

でも最近みなさんが耳にする「民泊」という言葉の定義は、ビジネスとして個人宅の一部や別荘、空き部屋になっているマンションの一室などに宿泊することを指しています。

 

海外からの観光客が増えてきている昨今、特に東京や大阪といった都市部を中心として宿泊施設の不足が問題となってきています。
そこで、空き部屋などを宿泊施設として活用するビジネスとしての民泊が注目されています。


ビジネスとしてのいろいろな民泊

民泊、許可、申請、認定、旅館業法、宿泊、空き部屋

ビジネスとして他者を宿泊させる場合、通常は旅館業法という法律で規制があり許可を得る申請を行い、許可を得ないといけません。ただ、旅館業法の規制に照らすとほとんど要件を満たすことができず許可を得ることができないため、違法となってしまいます。

 

そこで、従来の旅館業法の規制の緩和が進められたのですが、並行して現在の実情に沿った新しい民泊に対する法律が2016年末までに制定されることになっています。

 

さらに、国家戦略特区として指定されている地域で民泊条例を制定することによって、条例に基づく認定申請を行い、認定を受けることによって旅館業法や新しい民泊の法律以外でも合法的に民泊をビジネスにできるようになっています。


あなたの旅館業・民泊の申請のお手伝いします。

民泊、許可、申請、認定、旅館業法、宿泊、空き部屋

大阪で、旅館業許可・民泊の申請をお急ぎの方は、

 

必ずご確認ください!

 

     ↓

 

民泊、許可、申請、認定、旅館業法、宿泊、空き部屋


関連ページ

最大のビジネスチャンスか?民泊の国家戦略
民泊のビジネスを検討されている方は、必ずご確認ください。民泊は国家戦略で足りない宿泊施設を補うだけでなく、空き部屋の有効活用もできるのです。
大阪府が「特区民泊の審査基準」を公表しました
旅館業の許可について、簡単に説明します。
大阪で旅館業の許可を検討されている方は、必ずご確認ください。旅館業の許可は4種類あり営業の目的によって基準も違います。
民泊条例が施行!ついに特区民泊が大阪市に登場
大阪市で民泊条例が施行|大阪で旅館業・民泊の許可を検討されている方は、必ずご確認ください。旅館業の許可は4種類あり営業の目的によって基準も違います。

 
TOPページ 旅館業・民泊とは 取扱業務&報酬表 事務所のご案内 →お問い合わせ