旅館業の許可について、簡単に説明します。

旅館業の許可について、簡単に説明します。

旅館業、許可、申請、大阪、基準、客室、相談、手続き

旅館業法では次のように定義されています。

 

宿泊料を受けて人を宿泊させる営業

 

この宿泊とは、寝具を使用して施設を利用するとなっています。

 

その旅館業には、4種類があり

 

ホテル営業・旅館営業・簡易宿泊営業・下宿営業となっています。

 

まとめると

 

 

ホテル営業

10室以上の洋客室を主とする施設を設けて行う営業で、レストランや食堂で食事を提供する宿泊施設。
洋室客室:9u以上
和室客室:7u以上(1名あたりの有効面積が3uを超えること)
フロント:3u以上洋式浴室またはシャワー室がある

旅館営業

5室以上の和客室を主とする施設を設けて行う営業で、食堂がなくても可。民宿や温泉旅館など
洋室客室:9u以上
和室客室:7u以上(1名あたりの有効面積が3uを超えること)
フロント・入浴施設があること

簡易宿泊所営業

宿泊する場所を多人数で共有する構造および設備を設けておこなう施設
カプセルホテルやユースホステルなど
共有しない客室の延べ床面積が、総客室の半分未満
階層式寝台は2層で、上下1m以上間隔がある
客室面積:3u以上
1名あたりの有効面積が1.5u以上
入浴設備・履物の保管する設備がある

下宿営業 1か月以上の期間を単位として宿泊させる営業

 

 


旅館業許可の申請と流れについて

旅館業、許可、申請、大阪、基準、客室、相談、手続き

旅館業の許可を取るためには、都道府県知事または政令市では市長に
申請をして、採光、照明、清潔など条例で定められた基準をクリアしなければなりません。

 

基準を満たせなくなった許可は、取消や営業停止になることもあります。

 

許可証を取得するまでの流れは

 

事前相談

 

図面などを提出してこの場所で、この建物で許可が下りるかのやり取りをします。

 

申請

 

必要書類を揃えて、管轄行政庁する申請をします。

 

関係機関への手続き

 

消防法に適合しているか、学校施設などの意見書を受理します。

 

施設の検査

 

保険所の職員が基準を満たしているか施設を検査しにきます。

 

許可→営業開始

 

 

 


あなたの旅館業・民泊の申請のお手伝いします。

旅館業、許可、申請、大阪、基準、客室、相談、手続き

大阪で、旅館業許可・民泊の申請をお急ぎの方は、

 

必ずご確認ください!

 

     ↓

 

旅館業、許可、申請、大阪、基準、客室、相談、手続き


関連ページ

最大のビジネスチャンスか?民泊の国家戦略
民泊のビジネスを検討されている方は、必ずご確認ください。民泊は国家戦略で足りない宿泊施設を補うだけでなく、空き部屋の有効活用もできるのです。
大阪府が「特区民泊の審査基準」を公表しました
新たな宿泊ビジネス?民泊ってなんだろう?
新たな宿泊ビジネス?民泊ってなんだろう?|大阪で旅館業・民泊の許可を検討されている方は、必ずご確認ください。旅館業の許可は4種類あり営業の目的によって基準も違います。
民泊条例が施行!ついに特区民泊が大阪市に登場
大阪市で民泊条例が施行|大阪で旅館業・民泊の許可を検討されている方は、必ずご確認ください。旅館業の許可は4種類あり営業の目的によって基準も違います。

 
TOPページ 旅館業・民泊とは 取扱業務&報酬表 事務所のご案内 →お問い合わせ